ALSI (アルシー)

アルシー セキュリティブログ

不正通信診断サービス:期間限定で無償提供中

2020年7月から9月の間に、およそ14TBのサイバー攻撃の通信が観測されている

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による緊急事態宣言を受けて、多くの企業では急遽テレワーク環境を構築しました。

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)のインシデント報告対応レポート(※1)によると、
企業でのテレワークが急速に増え始めたとされる2020年3月以降、サイバー攻撃が増加傾向にあることがわかっています。
※1 JPCERT/CC インシデント報告対応レポート:https://www.jpcert.or.jp/ir/report.html

また、NICTが公開している「NICTER観測統計」では、2020年7月から9月の3か月間で観測された
サイバー攻撃の通信は、14TBにも及ぶとされています。

こうしたことから、テレワーク環境を狙ったサイバー攻撃への対策が求められる現在、企業は自社に対するサイバー攻撃の
実態を把握し、早急な対策をとることが必要です。



report1.png



そこでアルプス システム インテグレーション株式会社(ALSI)では企業を対象に、システムの稼働状況やアクセスログから
不正アクセスなどの脅威が隠されていないかどうかを
診断する「不正通信診断サービス」を、2020年12月14日(月)~2021年1月29日(金)までの期間限定で無償提供します。



==このような方に特におすすめです==

? 自社に不正アクセスがあるのではないかと不安な方

? ログの監視をする必要があるのかどうか検討している方

? ログの監視はしたいが可視化のイメージがわからない方



診断にはクラウドSIEMサービス「Sumo Logic」を使用し、Sumo LogicがCrowdStrike社から提供を受けている
脅威インテリジェンスと照合します。

■ご提供いただくログ

ファイアウォール、プロキシ、Microsoft 365のログ(上限3GB
※IPアドレスが含まれていることが条件です。
※なお対象は企業(団体・法人を含む)に限ります。詳細はお問い合わせください。



report2.png

診断レポートは、ログをご提供いただいてから約10営業日ほどでご提出いたします。

診断結果レポートを活用して各企業でのサイバー攻撃の実態を把握することで、今必要なセキュリティ対策を具体的に知ることができ、
テレワーク環境などでのセキュリティリスクの軽減に役立ててみませんか?

ログの形式や容量、ご提供方法などについては、お申し込み後に弊社担当者よりご連絡いたします。

「不正通信診断サービス」は、こちらのフォームよりお申し込みください。

reportbanner.png

おすすめ記事

最新記事

GatewayConnection

【GIGAスクール構想】1人1台学習端末に必須の「フィルタリング」とは?

フィルタリング教育機関向け

【GIGAスクール構想】1人1台学習端末に必須の「フィルタリング」とは?
ソリューション

不正通信診断サービス:期間限定で無償提供中

テレワークログ監査ログ管理

不正通信診断サービス:期間限定で無償提供中
ネットワーク分離

ネットワーク分離への新提案:InterSafe ILP

エンドポイントセキュリティネットワーク分離無害化自治体

ネットワーク分離への新提案:InterSafe ILP