InterSafe GatewayConnection

クラウド型 次世代Webフィルタリング InterSafe GatewayConnection

テレワークや持ち帰り学習にも最適なフィルタリング

InterSafe 専用ログ解析ソフト

Pick Up

マルチOS対応
クラウド型次世代Webフィルタリング

InterSafe GatewayConnectionは、マルチOS対応のクラウド型Webフィルタリング。Webフィルタリングやログのリアルタイム分析により、最新の脅威対策を実現します。 Windows、iOS、Android、Chrome OSに対応し、ビジネスで活用する端末利用をクラウド でセキュアに保つことができます。

90 秒でわかる「InterSafe GatewayConnection」

「いつ」「だれが」「どこで」「どのデバイスを」
どれだけ使っても大丈夫

近年急速に進んでいるテレワークや家庭学習の環境は、マルチOS対応や多様なネットワーク環境への対応が必要です。セキュリティリスクをネットワークとデバイスの両方の観点から対策を見直しを求められております。

「InterSafe GatewayConnection」は、デバイスや利用する環境に合わせて柔軟に設定ができるマルチOS対応のクラウド型のWebフィルタリングサービスです。いつ、誰が、どこから、どのデバイスを使っても安心安全なネットワークを実現します。

●利用イメージ

画像3.png

●制御方式

0204ー1.png

Webフィルタリングサービス

シェアNo.1※1の国産Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」と同等の機能をクラウドサービスとして利用可能。安全なWebアクセス環境を実現します。

※1 出典:IDC Japan, 2021年7月「国内情報セキュリティ製品市場シェア、2020年: 外部脅威対策および内部脅威対策」(JPJ46567421)

ISGC0126.jpg

  • HTTPS解析機能:SNSなど暗号化通信の内容把握や書き込み規制が可能
  • アクセス状況を可視化:ログ分析ソフトInterSafe LogDirectorと連携し、Webアクセス傾向をひと目で把握

GIGAスクール構想向けにWebフィルタリング機能強化!

1人1台端末の運用管理を効率化し、管理者の負担を大幅に軽減するとともに、児童・生徒がより安全に端末活用できる環境を提供します。

・導入時のデバイス管理機能
・授業中や放課後など時間帯ごとの詳細制御による安全なインターネット活用推進
・学習支援システムなど特定サービスの直接アクセスを許可
・学習用途外アプリケーションの利用防止 etc.

詳細はこちらをご覧ください。

GIGAスクールキャンペーン実施中!

GIGAスクール構想を支援するための特別価格キャンペーンを実施しています。詳しくは以下をご参照ください。

認められた確かな品質

「第15ASPIC IoTAI・クラウドアワード2021で総合グランプリ受賞!

「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2021」は、総務省などの後援によりASPICが主催する、日本国内で最も優秀かつ社会に有益な日本国内で提供されているASP・SaaS/IaaS・PaaS/IoT/AIのサービスを表彰するものです。支援業務系ASP・SaaS部門において、他のサービスと連携した優秀なサービスとして評価いただき、「総合グランプリ 」を受賞しました。

https://www.aspicjapan.org/event/award/15/index.html

アワードISGC.jpg

ASPSaaS 安全・信頼性に係る情報開示認定制度」に認定

「ASP・SaaS 安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定は、サービスの安全性、信頼性に関する情報を正しく開示しているサービスにのみ与えられるもので、利用者の安心・安全なクラウドサービスの選定に役立てることを目的としたものです。

https://www.aspicjapan.org/nintei/index.html

ISGC_ASPSaaS.png

6つのNo.1、信頼の品質とサポート

「Webフィルタリングソフトに関する調査」において、「継続利用率」「営業対応の迅速さ 満足度」「営業対応の柔軟さ 満足度」「サポート品質 好感度」「サイトカバー率 満足度」「ウイルス・スパイウェア感染予防 満足度」の6項目で1位を獲得しました。

調査会社:株式会社BCN/調査期間:2021年9月17日~2021年9月24日/調査対象:主要4メーカーのWebフィルタリングソフトを導入・利用し、社内情報システムの利用に関して情報収集・導入決定をする立場である人/調査人数:400名(各メーカー100名)/調査手法:インターネット調査

導入事例