SecureDevice Professional

セキュリティUSBメモリ作成ソリューション InterSafe SecureDevice Professional

汎用USBメモリを、セキュリティUSBメモリに

ラインナップ

Pick Up

汎用USBメモリに
暗号化とコピーガードを

「InterSafe SecureDevice Professional」は、普段使いの汎用USBメモリをセキュリティUSBへ変えられるソフトウェアです。登録していないPCへ接続した際にはデータコピー、移動が制御されるため、 自宅持ち帰り後の情報漏洩を防止します。もちろん、パスワード認証による暗号化も備えているので、盗難・紛失時も安心です。ネットワーク接続環境での利用に最適なProfessionalモデルです。

InterSafe SecureDevice Professional ver.3.6

販売終息のご案内

この度、弊社はInterSafe SecureDevice Standard / Professionalの販売を終息いたします。また、販売の終息に伴い、サポート対応を終了いたします。InterSafe SecureDevice Ultimateは引き続き販売・サポートを継続してまいりますので、移行をご検討ください。

今後とも、弊社ならび弊社製品をご愛顧賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

  • 対象製品:InterSafe SecureDevice Standard, InterSafe SecureDevice Professional
  • 新規販売終了:2021年9月末
  • プログラム修正終了:2022年9月末
  • サポート終了:2025年3月末 ※サポート​​​​終了日を契約の最長期限として契約更新が可能です。
  • InterSafe SecureDevice Ultimateへの移行について:​​​​​​弊社営業またはサポート窓口までご相談ください。

本件につきまして、ご不明な点は以下の弊社サポート窓口までお問い合わせください。

E-Mail: support@alsi.co.jp

なお、現在、お電話でのお問い合わせ受付を停止しております。お電話でのお問い合わせをご希望の方は、上記アドレス宛に「折返し電話希望」と記載のうえメールにてご連絡ください。

弊社ソフトウェア製品のサポートポリシーについては、弊社FAQサイトをご参照ください。

汎用USBメモリを
セキュリティUSBメモリに変換するソフトウェア

InterSafe SecureDeviceは、電磁的記録媒体のひとつである汎用USBメモリをセキュリティUSBメモリに変換するソフトウェアです。 USBメモリからの情報漏洩を強固に防止いたします。 接続先PCが登録されたものかどうかをチェックしているため、セキュリティUSBメモリを登録されていないPCへ接続した際にはPCへのデータコピー、移動が制御され、 自宅持ち帰り後の情報漏洩等を防止いたします。 また、パスワード認証によるロック機能とメモリ領域の暗号化により、盗難・紛失時にも対応可能。

ソフトウェアによるご提供ですので、汎用USBメモリをそのまま使用することができます。

InterSafe SecureDeviceの機能を
さらに強化した上位モデル

InterSafe SecureDevice Professionalは、InterSafe SecureDeviceの上位モデルです。 InterSafe SecureDeviceの機能を拡張し、新機能を搭載。さらに使いやすく、強固なセキュリティ対策を実現しました。ネットワーク環境でご利用されたいお客様に最適です。

こんな課題をお持ちの方に
  • 規定・ルールにより、USBメモリの使用を禁止しているが守られているか不明。
  • 私物USBメモリを使用しているため、情報漏洩が心配。
  • USBメモリへのウイルス感染を防止したい。
  • コストをかけずにUSBメモリのセキュリティ対策を行いたい。
  • USBメモリでどのようなデータを持ち出しているか不明。
  • 電磁的記録媒体のセキュリティを強化したい。
InterSafe SecureDevice Professionalなら
  • 登録されていないPCへはデータのコピー、移動ができないため、情報漏洩を防止します。
  • パスワード認証とメモリ内暗号化により、盗難・紛失対策可能。
  • 登録されていないPCからのデータ侵入を防ぎ、ウイルス感染防止
  • 汎用USBメモリをそのまま使用し、導入コスト低減
  • USBメモリに保存したデータをリアルタイムに確認可能
  • 電磁的記録媒体のひとつであるUSBメモリのセキュリティを強化

導入事例