Cybereason EDR

脅威の侵入を前提とした最新のセキュリティ対策 Cybereason EDR

サイバー攻撃を即座に可視化し検知

エンドポイントのリアルなふるまいから
サイバー攻撃を早期に検知するEDR

多様化し進化し続けるサイバー攻撃は、もはや従来のセキュリティ対策では防ぎきることが不可能です。Cybereason EDRは独自の分析ノウハウにより、エンドポイントの膨大なログデータを解析するクラウドソリューションです。脅威の侵入を即座に検知し、レポートすることでサイバー攻撃の課題を解決します。

Cybereason EDR

激化し巧妙化する
サイバー攻撃への備え

個人情報や企業の機密情報を狙うサイバー攻撃は、激化の一途をたどっています。攻撃者は常に最新の技術・情報を駆使して攻撃を仕掛けてきます。
たとえば取引先や社内関係者からのメールに巧妙に偽装した「なりすましメール」の添付ファイルに仕込まれたマルウェアは、企業のネットワークに侵入するとアンチウイルスソフトを停止したり、最新情報をもとに脆弱性をついた攻撃や、検知手法を回避するなど、どのような対策をしていても侵入を完全に防ぐことは困難となっています。

特に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大以降、世界的にサイバー攻撃が増加しているといわれています。日本でも多くの企業でテレワーク環境の利用が急速に進み、結果として業務を行う場所、時間、端末、そしてネットワークが急拡大しました。
オフィス以外で業務ができる環境を整備することを優先した結果、セキュリティ対策が十分ではない企業も多くあります。このように企業を取り巻く現状はかなりのスピードで変わりだしています。従来型のセキュリティ対策では、この変化に対応できていないのが現状です。

侵入を前提にした
「ゼロトラストセキュリティ」で
サイバー攻撃に対抗するEDR

そこで注目されているのがEDR(Endpoint Detection and Response)と呼ばれるセキュリティソリューションです。

EDRは、エンドポイント上でマルウェアやランサムウェアの侵入による不審な動きが起きていないかどうか、常時監視を行います。万一、脅威に侵入されたとしても、疑わしい挙動を早期に検知し、管理者に通知することで被害を最小にとどめることができます

Cybereason EDRとは

機械学習と意思決定アルゴリズムにより、組織内にあるエンドポイントの膨大なデータをあらゆる角度から深く分析。サイバー攻撃の兆候や脅威の侵入をリアルタイムに検知・可視化し、高度なサイバー攻撃を阻止するEDR(Endpoint Detection and Response)です。

Cybereasonのここがすごい

1.脅威の侵入を常時監視し、リアルタイムに分析
機械学習と意思決定アルゴリズムを
用いて脅威を特定
2.脅威の侵入を検知した後は、わかりやすい管理画面で速やかに伝達

Cybereasonの管理画面は、直感的にわかりやすく構成されています。
いま起きている事象が、ひと目でわかるようグラフィカルに画面に表示されます。管理画面はすべて日本語で作成されるうえ、レポート出力やサポートも日本語で提供されるので、早期対処が必要な局面での言葉の壁もありません。

組織内で進行する攻撃を
直感的に可視化
インシデント時の状況把握を効率化

一目で組織に広がる攻撃状況を把握し、
適切で素早い対応に導く

3.利用ユーザーの端末に影響を与えない

Cybereasonは、ユーザーの利用端末に影響を与えません。一般的なセキュリティ製品にありがちな、他の製品とのコンフリクトや端末CPUへの負荷がありません。
万一異常が発生した場合でも、他のアプリやOSに影響が出ないよう設計されており、利用ユーザーのストレスもありません。

お客様のセキュリティを支える
高付加価値サービス

カスタマーサクセス

長期的に安定運用を行うため、お客様ごとのコンサルタントとしてカスタマーサクセスマネージャがアサインされます。定期的な打合せやトレーニングを始め、カスタマーサクセスマネージャーが、運用開始後の製品の効果的な活用と安定運用を継続的にご支援します。
特別なご契約は不要で、費用もCybereason EDRの利用料金に含まれています。

MSS(マネージド・セキュリティ・サービス)
※有償オプション

豊富な知見を持つ専門アナリストが、システム全体をリアルタイムで監視し、すべてのエンドポイントで収集されるデータを分析します。 発見した事項に基づき、セキュリティアナリストが速やかに解析してリスクを判断。 攻撃の規模と影響、さらには修正に必要な推奨手順や解決方法を提示し、最終解析結果をレポートとして提供します。

Cybereasonのグループ導入実績と
ユーザー視点の双方からご提案

アルプス システム インテグレーション株式会社では、Cybereason EDRをアルプスアルパイングループに導入しました。同時に当社もグループの一員としてCybereason EDRを日々利用しています。
導入の経験と、ユーザーとしての経験、両方の視点を持って使っているからこそ自信を持ったご提案が可能です。

事例

導入事例

Cybereason EDRを利用している企業とお客様の声をご紹介します。