FileProtection

高速ファイル自動暗号化 InterSafe FileProtection

万一「流出」しても暗号化によりデータを保護

ラインナップ

Pick Up

暗号化を究めれば
情報流出は怖くない

「InterSafe FileProtection」は、ファイルを自動で暗号化するソフトウェアです。暗号化のための特別な操作やパスワード管理は不要です。メール誤送信やPC紛失時も暗号化がデータを保護し、情報漏洩を防止します。

2分でわかる「InterSafe FileProtection」

InterSafe FileProtection Ver.2.0

ファイル暗号化の必要性

2017年5 月の「改正個人情報保護法」施行により、改正前は規制の対象外となっていた、個人情報の取扱い件数5,000件以下の要件が撤廃され、アクセス制御や漏洩防止等の安全管理措置が義務化されました。また、2018年5月に施行された「欧州連合(EU)一般データ保護規則(GDPR)では、EUを含む欧州経済領域(EEA)内における個人データの処理と移転に関するルールが規定されました。適用対象となる日本企業はGDPRに沿った対応が必要です。

高度化する脅威・内部不正に対応するため、各省庁や業界団体よりガイドライン発行の動きも進んでいます。文部科学省が2017年10月に発行した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」では、ファイル暗号化による安全管理措置が推奨されています。

外部からの攻撃を100%防ぐことが困難となっている昨今、万が一情報が流出してもデータを保護するソリューションとして、「ファイル暗号化」が注目されています。

InterSafe FileProtectionとは

「InterSafe FileProtection」は、ファイルの操作性を損なうことなく自動暗号化、アクセス権限管理を実現することができるファイル自動暗号化ソフトです。作成したファイルは、保存した時点で保存場所を問わず自動的に暗号化されます。

利用者は、暗号化や閲覧時に特別な操作やパスワード管理は不要です。拡張子(アイコン)も変わらないため、利便性を損なうことなくファイルを使用することができます。権限が付与されている場合、社内環境ではファイルはいつもどおりのダブルクリックで閲覧することができ、「InterSafe FileProtection」のない社外環境では、閲覧することができません。メール誤送信や盗難・紛失、標的型攻撃などにより万が一ファイルが外部に流出してしまった場合でも、高度な暗号化(AES256bit)技術によりデータを保護し、情報漏洩を防止します。

次世代暗号化エンジンで高速処理&幅広い環境対応を実現

独自開発した次世代型暗号化エンジンの搭載により、多様な大規模ストレージや資産管理製品導入環境との親和性を向上。さらに、ファイルの暗号化処理速度を従来製品の2倍に高速化し、パフォーマンスも向上しました。これにより、幅広い環境での高い利便性とセキュリティ強化を実現します。

多様な環境で快適に利用可能
  • Microsoft Windows Server
  • Microsoft Windows Storage Server
  • NetApp FAS シリーズ(ONTAP)
  • EMC Isilon(OneFS)
  • QNAP NAS(QTS/QES)
  • Nutanix NXシリーズ

暗号化したままファイルのウイルス検知・全文検索可能

従来の暗号化ソフトで暗号化されたファイルは、ウイルスに感染しにくいメリットがありましたが、感染したまま暗号化した場合、ウイルス対策ソフトでは感染しているかを確認することができないため、復号化時に感染する可能性がありました。InterSafe FileProtectionでは、ファイル自体は暗号化したまま、プログラムメモリに展開される情報のみ一時的に復号化することで、安全性を確保したうえでウイルススキャンが可能です。また、Windows Searchによるコンテンツ検索も可能です。

ウイルス検知連携動作確認済みアプリケーション
  • ウイルスバスター コーポレートエディションXG SP1 Ver 12.0.5427
  • Trend Micro Apex One Ver 14.0.1632
  • Symantec Endpoint Protection Ver 14.2.5569.2100
  • ESET Endpoint Security Ver 7.1.2053.1
  • McAfee VirusScan Enterprise Ver 8.8.0 Path14
  • Windows Defender Ver 4.18.1911.3

※詳細な情報は、動作環境ページをご確認ください。
※アンチウイルスは「手動検知」で動作確認したものです。
※簡易検証であり、すべての動作を保証するものではありません。またサーバーOSは動作対象外となります。
※上記バージョンより古い製品をお使いの場合、正常に動作しない 場合がありますのでご注意ください。

自動バックアップでランサムウェア対策

ランサムウェアがアクセスできないセキュアなフォルダにファイルを自動でバックアップ。感染したファイルによるバックアップファイルの上書きを防止し、確実にデータを保護します。バックアップしたファイルは、専用ツールでのみ復元や削除が可能です。

必要な人に必要な権限を設定できる

文書の種類、ユーザの役職や権限に応じて、シンプルかつ柔軟なアクセス制御が可能です。閲覧や編集、ファイルコピー、印刷など、許可する操作の内容も指定できます。また、外部にファイルを送信する際は、「自己復号型暗号ファイル」または「パスワード付きZIPファイル」を作成できます。パスワード、有効期限を設定し暗号化することで、誤送信やデータ提供先からの情報漏洩を防止します。

暗号化対象/非対象フォルダ設定で運用性向上

暗号化を行わない設定を、特定フォルダなどの指定領域に対して行うことが可能です。 CSVファイルを取込む帳票システムなど、暗号化ファイルを置けないフォルダを指定することで、セキュリティを確保しつつ、既存システムの動作を妨げることがありません。

シンプル操作で暗号化。自動暗号化フォルダオプション

自動暗号化フォルダに作成したファイルをドラッグ&ドロップで移動するだけで自動的に暗号化されます。ファイルサーバーの暗号化や、手動による暗号化運用での暗号化漏れ防止、権限外ユーザによる閲覧・持ち出し防止に有効です。

取引先と安全にデータ共有。スタンドアロン管理オプション

管理サーバーと接続が出来ない社外取引先環境でも暗号化ファイルの操作が可能。2次 漏洩対策に最適です。

ファイル暗号解除・変換申請(セキュアファイル変換申請)

InterSafe WorkFlowとの連携で権限のないユーザが、暗号解除やテンプレート変更を実施可能。申請、承認の履歴や、申請ファイルの管理も行うことができます。

ILP_ファイル暗号解除変更申請.png

CADアプリケーション対応可能

AutoCADファイルの暗号化が可能になりました。CADアプリケーションは、今後順次拡張を検討します。

ILP_AutoCAD対応.png

※保存時の自動暗号化機能はご利用いただけませんので、保存先を自動暗号化フォルダへ指定いただく必要がございます。
※他のCADアプリケーションに関しては弊社での検証を実施しておりません。
検証支援サービスをご用意しておりますので、お気軽にお問合せください。

SBC環境に対応「InterSafe FileProtection for SBC」

ネットワーク分離を低コストで実現するSBC方式の仮想環境に対応。ネットワーク分離環境での暗号化ファイル運用を強力に支援します。

FileProtection SDK(オプション)

InterSafe FileProtectionの開発キット(SDK)にて、文書管理システムやファイル共有システムなどに暗号化機能を組み込むことが可能になります。システムでの全文検索なども実現できます。

ログ管理(InterSafe ILP共通機能)

暗号化、復号化、デバイス利用、申請、承認、持出し、持込み、持出し後の操作など、InterSafe ILPの各種ログをサーバーで一元管理できます。 自動暗号化フォルダのログも、コンソールから取り込んで管理できます。

ログアラート・検索(InterSafe ILP共通機能)

よく閲覧するログ検索条件を登録し、検索を効率的に実施できます。 また、定期実行機能により、大量ファイルの暗号解除やUSBメモリへの書出しなどの危険な操作を管理者に自動通知することで、内部不正を監視・抑止します。

導入事例