FileProtection

高速ファイル自動暗号化 InterSafe FileProtection

万一「流出」しても暗号化によりデータを保護

ラインナップ

Pick Up

暗号化を究めれば
情報流出は怖くない

「InterSafe FileProtection」は、ファイルを自動で暗号化するソフトウェアです。暗号化のための特別な操作やパスワード管理は不要です。メール誤送信やPC紛失時も暗号化がデータを保護し、情報漏洩を防止します。

2分でわかる「InterSafe FileProtection」

InterSafe FileProtection Ver.2.0

ファイル暗号化の必要性

2017年5 月の「改正個人情報保護法」施行により、改正前は規制の対象外となっていた、個人情報の取扱い件数5,000件以下の要件が撤廃され、アクセス制御や漏洩防止等の安全管理措置が義務化されました。また、2018年5月に施行された「欧州連合(EU)一般データ保護規則(GDPR)では、EUを含む欧州経済領域(EEA)内における個人データの処理と移転に関するルールが規定されました。適用対象となる日本企業はGDPRに沿った対応が必要です。

高度化する脅威・内部不正に対応するため、各省庁や業界団体よりガイドライン発行の動きも進んでいます。文部科学省が2017年10月に発行した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」では、ファイル暗号化による安全管理措置が推奨されています。

外部からの攻撃を100%防ぐことが困難となっている昨今、万が一情報が流出してもデータを保護するソリューションとして、「ファイル暗号化」が注目されています。

InterSafe FileProtectionとは

「InterSafe FileProtection」は、ファイルの操作性を損なうことなく自動暗号化、アクセス権限管理を実現することができるファイル自動暗号化ソフトです。作成したファイルは、保存した時点で保存場所を問わず自動的に暗号化されます。

利用者は、暗号化や閲覧時に特別な操作やパスワード管理は不要です。拡張子(アイコン)も変わらないため、利便性を損なうことなくファイルを使用することができます。権限が付与されている場合、社内環境ではファイルはいつもどおりのダブルクリックで閲覧することができ、「InterSafe FileProtection」のない社外環境では、閲覧することができません。メール誤送信や盗難・紛失、標的型攻撃などにより万が一ファイルが外部に流出してしまった場合でも、高度な暗号化(AES256bit)技術によりデータを保護し、情報漏洩を防止します。

次世代暗号化エンジンで高速処理&幅広い環境対応を実現

独自開発した次世代型暗号化エンジンの搭載により、多様な大規模ストレージや資産管理製品導入環境との親和性を向上。さらに、ファイルの暗号化処理速度を従来製品の2倍に高速化し、パフォーマンスも向上しました。これにより、幅広い環境での高い利便性とセキュリティ強化を実現します。

多様な環境で快適に利用可能
  • Microsoft Windows Server
  • Microsoft Windows Storage Server
  • NetApp FAS シリーズ(ONTAP)
  • EMC Isilon(OneFS)
  • QNAP NAS(QTS/QES)
  • Nutanix NXシリーズ

導入事例