InterSafe WorkFlow

データ・デバイス利用の承認管理 InterSafe WorkFlow | 動作環境

データの持ち込み・持ち出しをWeb上で管理する

ラインナップ

ILPサーバー/サーバー上で動作するオプション等

OS
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard / Enterprise SP1
  • Microsoft Windows Server 2012 Standard / R2 Standard / Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2016 Standard Edition / Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2019 Standard Edition / Datacenter Edition
※日本語OSのみ対応
CPU Intel Xeon 2.1GHz(4Core)以上
(Intel Xeon 2.5GHz(6Core)以上推奨)
メモリ 4GB 以上(8GB以上推奨)

クライアント導入PC

OS
  • Microsoft Windows 7 Professional / Enterprise / Ultimate / SP1
  • Microsoft Windows 8.1 Update 1 Pro / Enterprise
  • Microsoft Windows 10 Pro / Enterprise
※日本語/英語/中国語(簡体)OS対応)[多言語はClient OS のみ]
CPU Intel Core i3 2.0GHz 以上
メモリ 2GB 以上(4GB以上推奨)
ブラウザ Internet Explorer 11、Microsoft Edge
※InterSafe Manager(管理ツール)、InterSafe WorkFlowの動作環境
必要コンポーネント InterSafe Client v6.8
・Microsoft Visual C++ 2015 14.0.24212.0
・Microsoft .NET Framework 4.6.2以降
・セキュリティパッチ(KB3033929)※Windows 8.1以前のみ

InterSafe Client v5.x
・Microsoft Visual C++ 2008 SP1
・Microsoft .NET Framework 3.5 SP1
・セキュリティパッチ(KB3033929)※Windows 8.1以前のみ

※クライアント導入PC:InterSafe Client (常駐型プログラム)をインストールしたPC

※自己復号型暗号ファイルの動作環境については、クライアント未導入PCの動作環境に準じます。

※Windows 8.1のModern UIには対応しておりません。

※Windows 10のタブレットモードには対応しておりません。

※Windows10サービシングモデルの対応状況はこちら

仮想環境(VDI)

VMware VMware Horizon View
Citrix XenDesktop

※対応バージョンおよび制限事項等は別途お問い合わせください。

対応OS、アプリを含む各種動作環境については、各メーカーのサポートが終了した時点で、修正期間・サポート期間も終了となりますのでご注意ください。詳細については次のページでご確認下さい。