ニュース | お知らせ

ALSI、電子帳簿保存法に対応した ERPフロントソリューション「ECOAS経費・旅費精算」を 6月26日より提供開始

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI(アルシー〕)は、電子帳簿保存法に対応したERPフロントソリューション「ECOAS経費・旅費精算」を2018年6月26日より販売開始することを発表いたします。

製品名 ERPフロントソリューション「ECOAS経費・旅費精算」(電子帳簿保存法対応版)
提供開始日 2018年6月26日
ターゲット 国内企業 300~3,000ユーザー規模
価格 1,500,000円(税別)
詳細情報URL https://www.alsi.co.jp/industry/ecoas-expense-ele/

電子帳簿保存法対応ソリューションの概要

 電子帳簿保存法は、1998年7月に施行された法律で、国税関係帳簿に対し紙の書面に代えて電磁的記録等による保存を認めた法律です。2016年の税制改正により、スキャナ保存の要件が改正され、領収書などの保存がデジタルカメラ(スマートフォン)などで撮影した画像も認められるようになりました。  ALSIの「ECOAS経費・旅費精算」は、6,000 社以上の導入実績がある株式会社NTTデータ イントラマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 義人)のシステム基盤型ワークフロー「intra-mart Accel Platform(イントラマート アクセルプラットフォーム)」に対応したERPフロントソリューションです。この度提供を開始する電子帳簿保存法対応版では、文書管理システムとも連携し、煩雑であった領収書の管理を電子化することで、お客様の業務効率向上に貢献いたします。

ECOASのスキャナ保存要件対応一覧

入力期間の制限 領収書の受領の翌日から入力までの期間をチェックすることが可能です。
画像解像度 法要件を満たしていない画像は登録できないように制御することが可能です。
タイムスタンプ付与 法要件を満たした画像の場合にタイムスタンプを付与することが可能です。
バージョン管理 訂正または削除を行った画像を履歴管理し保存することが可能です。
入力者情報の確認 ワークフローから処理者(入力者)および承認者を確認することが可能です。
適正事務処理要件 intra-martによる柔軟なワークフロー設定により法要件を満たした運用が可能です。

180625_01.png

▲「ECOAS経費・旅費精算」を利用した電子帳簿保存法対応のイメージ図

電子帳簿保存法対応ソリューション 導入のメリット

①業務効率化による人件費・労力の削減

・ファイリングなどの労力・人件費を削減

・領収書などの郵送代(本社などへの郵送費用)の削減

・電子化による領収書台紙貼り付けなどの工数削減

・電子化による、発送の手間と時間の削減

・発送~到着までのリードタイムの削減による業務効率化

・該当書類の検索性の向上による業務効率化

②用紙代・プリンタ関連コスト削減

・用紙代・インクやトナーといったプリンタ関連の消耗品代の削減

③保存スペースの削減

・保管コストの削減

このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先

共同ピーアール株式会社

管理部 管理課 広報担当:黒澤 宏子(くろさわ ひろこ)
E-mail:hiroko.kurosawa@alsi.co.jp
TEL:03-3571-5236 FAX:03-3574-9364

製品に関するお問い合わせ・取材受付先

アルプス システム インテグレーション株式会社

管理部 経営企画課 広報担当 黒澤 宏子
E-mail:hiroko.kurosawa@alsi.co.jp
TEL:03-5499-8043 FAX:03-3726-7050

〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7

https://www.alsi.co.jp/