電子帳簿保存法対応

ECOASシリーズ 経費・旅費精算 電子帳簿保存法対応

ECOASシリーズ

Pick Up

電子帳簿保存法対応で
紙の領収書管理をゼロに

「ECOAS経費・旅費精算 電子帳簿保存法対応ソリューション」は、ECOAS経費・旅費精算システムをベースに、2016年の電子帳簿保存法の改正に対応したソリューションです。
電子帳簿保存法に必要な3つの要件に対応します。

  1. キャナ保存要件の「真実性の確保」受領した紙の領収書や請求書を解像度、諧調などを法要件を満たした形式で電子化のうえタイムスタンプを付与。
  2. 内部統制を担保するための相互けん制 電子化された領収書や請求書に受領日・金額・利用内容などの詳細情報を設定し、承認ワークフローでの確認を経る。
  3. スキャナ保存要件の「可視性の確保」 文書管理システムに登録し、取引先、日付、金額等必要な検索条件での検索機能を実現。紙の管理コストを削減すると共に経理部門の業務効率化を強力にバックアップします。

概要

ALSI電⼦帳簿保存法対応ソリューションはECOAS経費・旅費精算をベースに電⼦帳簿保存法改正によるスキャナ保存要件の緩和に併せ、⽂書管理システム、タイムスタンプサービス機能を連携させたソリューションです。

入力期間の制限 領収書の受領の翌日から入力までの期間をチェックすることが可能です。
画像解像度 法要件を満たしていない画像は登録できないように制御することが可能です。
タイムスタンプ付与 法要件を満たした画像の場合にタイムスタンプを付与することが可能です。
バージョン管理 訂正または削除を行った画像を履歴管理し保存することが可能です。
入力者情報の確認 ワークフローから処理者(入力者)及び承認者を確認することが可能です。
適正事務処理要件 intra-martによる柔軟なワークフロー設定により法案権を満たした運用が可能です。

ECOAS経費・旅費精算の導入の経験・ノウハウから、お客様の環境に合わせた最適な、電子帳簿保存法対応ソリューションをご提案致します。

文書管理システムとの連携により、煩雑であった領収書の管理を電子化し、お客様業務効率を強力にバックアップ致します。