クラウド構築支援サービス

導入から運用・保守まで クラウド構築支援サービス | 活用例

4つの活用例

活用例① Azure・AWSの構築・運用

システムに合わせて
1からクラウドを構築

CASE ①

既存システムの
リプレイスを検討
新サーバーはクラウドで
構築したい
対応の流れ
  • AWSのテナント設計を実施
  • 各リソースの命名規則の定義を実施
  • 既設環境の状態を確認し、AWSの運用ルールを策定
  • 既存システムをクラウドサービスへの移行を実施
  • システムに対して(監視・ウイルス対策・スケールアウト(拡張)・スケールイン(縮退)・ログ管理・バックアップ)の運用系の設定を実施
導入した技術

AWS

EC2/RDS/ELB/StorageGateway/SimpleAD/Lambda/Autoscailing/CloudWatch/AWS Backup/Cloudformation

CASE ②

ETL基盤をクラウドサービス上に構築したい
対応の流れ
  • AWSのテナント設計を実施する
  • 各リソースの命名規則の定義を実施する
  • 標準ETL基盤構築を実施する
  • 運用系(監視・ログ管理・バックアップ)の設定も実施
導入した技術

AWS

EC2/RDS/ELB/WAF/EFS/Route53/ACM/CloudWatch/AWS Backup/Cloudformation/StorageGateway/SFTP/Lambda

CASE ③

開発基盤(intra-mart)を
クラウドに構築したい
対応の流れ
  • 要望を確認し、仮想サーバーを構築
  • 要件によっては、バックアップ・DR・監視の設定を実施
  • intra-martの基盤設定も合わせて実施
導入した技術

AWS SQL 監視 バックアップ DR

活用例② 既存システムの運用

既存システムも、
全容を把握して運用可能

CASE ①

既存システムの設定などを実施してほしい
対応の流れ
  • お客様の構築したシステムの全容を把握し、ご要望に沿って基盤の拡張を実施する
導入した技術

Azure

AppService/Azure SQL/APIマネージメント/ServiceBus/VM

CASE ②

Azure内機能がサービス終了
新しいサービスに
更新してほしい
対応の流れ
  • お客様の構築したシステムの全容を把握し、新サービスを選定・提案して構築を実施する
導入した技術

Azure

AppService/Azure SQL/APIマネージメント/AppConfigration/キーコンテナ/アプリケーションゲートウェイ

活用例③ クラウドへの移行

オンプレミスからクラウドへ。
さらに、クラウドから
クラウド間の移行にも対応

CASE ①

オンプレミスのサーバーを
クラウド上に移行したい
対応の流れ
  • お客様の構築したシステムの全容を把握し、移行方法について調査・提案を実施する
  • 検証作業を実施して以降に関する手順書を作成する
  • 手順をお客様へ説明し、実施時には問合せ対応を実施
導入した技術

Azure Migrate

CASE ②

クラウドサービスの移行を実施したい
対応の流れ
  • 移行元のディスクイメージを取得してAzureに移行する
  • 移行後、Azure上のシステムに対して(監視・ウイルス対策・スケールアウト(拡張)・スケールイン(縮退)・ログ管理・バックアップ)の運用系および関連手順の作成を実施する
導入した技術

Azure

AppService/Azure SQL/APIマネージメント/ServiceBus/LogicAPP/SendGrid

活用例④ Google Workspaceの構築・運用

AWSやAzureだけでなく
Google Workspaceにも対応

CASE

Google Workspaceを
業務で利用したい
対応の流れ
  • Google Workspaceの構築・構築後の問合せ対応を実施する
  • 社内にサーバーを持たずフルクラウドでの業務展開を実現
導入した技術

Google Workspace

Gmail/Google Meet/Google Drive/Google Chat