SecureDevice Ultimate

セキュリティUSBメモリ作成 InterSafe SecureDevice Ultimate | 機能・特長

汎用USBメモリを、セキュリティUSBメモリに

ラインナップ

コピーガード機能

ホストPC(職場)接続時は通常のUSBメモリ同様に利用可能です。 ゲストPCでセキュリティUSBメモリを利用する場合は、設定されたセキュリティポリシーで動作します。 職場は通常のUSBメモリ、外出先/自宅では制限ありといった運用が可能です。

※ホストPC/ゲストPCとはUSBメモリに登録されたUserがInterSafe Clientが導入されたPCに接続した場合をホストPC、InterSafe Client が導入されていないuserが使用した場合、またはInterSafe Clientが導入されていないPCに接続した場合はゲストPCとして動作します。

多様なセキュリティ機能

汎用USBメモリを用途に応じてセキュリティ機能を付加

ウイルス対策機能

3つのウイルス対策機能でウイルス感染を防止します。

有効期限超過時の破棄

有効期限超過後には、USBメモリ内のデータを破棄します。 データの復旧等を行うこともできません。より強固な情報漏洩対策を実現します。

ユーザ・グループ管理

InterSafe SecureDevice Ultimateは人事システムと連携したユーザ・グループとデバイス管理を紐づけたポリシー設定がWeb画面で管理可能です。

ホストグループ機能

セキュアデバイス(USBメモリ)に、ホストPCとして利用できるグループを指定することができます。これにより他のグループ(部門)でのホストPC化を防ぐ運用が可能です。

グループ管理者によるセキュリティUSBメモリ作成機能

セキュリティUSBメモリの作成は管理コンソールがインストールされたPC(システム管理者)だけでなく、グループ管理者PCで作成可能です。これによりシステム管理者の手を煩わすことなく、柔軟にセキュリティUSBをご利用いただけます。

InterSafe DeviceControl
InterSafe WorkFlowとの連携

通常の外部メディアは、InterSafe DeviceControlで持ち出し/利用制御されている場合、InterSafe WorkFlowで申請/承認がないと利用できませんが、セキュアデバイスに対しては申請/承認不要で書き出しができる設定も可能です。